本文へジャンプ









十三アラカルト

「十三往来」原文

夫天竺者王舎城 震旦者長安城 我朝者平安城 三国相応之都也 茲親近奥州津軽十三湊 於新城並肩城郭者 従坂東不可有 此城郭者方八十町柵築廻 内面々構要害莫大也 従外見明白也 樊養由之成勇輙引弓 打物取難向 其外景物多事 過八景可言十景 東山之野沢者為渺々牧也 数千匹之馬共交麋鹿 成思々之勇 心々遊行見風情 誠希代之景物也 南者湖水濃々照月水底之暗 青波静有漁浦之便 遥見巖木嶽 交花残雪興遠眼 出谷鶯舌依聞近 雲霞靉麓 山之巓高而顕大空 寔諍富士山程名山也 西滄海漫々而夷船京船群集 並艫先調舳湊成市 亦浜之大明神之奉拝社堂 並甍玉之籬立囲 厳神殿之床十四丈 立遠鳥居 其間畳切石 不異瑠璃扉 奉尋此明神本地 東土浄瑠璃世界教主医王善誓垂跡給事年久 十ニ大願網張法界海 為救無縁之群類 瓦礫塵砂交身 風波担海辺 垂跡給事寔悲願頼母敷霊社也 北者深山連堂塔 僧坊無透 円宗修学禅林寺過現未堂三千仏 光明赫々而霊山浄土共覚 亦竜興寺之為躰見 後青山峨々峯清嵐鳴梢 前滝水漲落 座禅驚睡眠 阿吽寺之鐘之声成諸行無常告 後夜晨朝之勤声穿寂滅為楽之雲 是又殊勝之景物也 新町並棟振軒 数千万家造 商人売買任心 民烟稔 相内河水清 許由洗耳 巣父牽牛帰穎泉流不異 遥囲王恵瑠磨明神奉拝社堂 前望海辺 岩崛峙峯 松風颯々調琴 麓白浪畳花千片 于茲熊野之権現垂跡事年久 霊験少不劣本社程名山也 亦舘之内奉崇羽黒権現 宜御神楽無怠轉 桝橙之鼓声消五衰雲 感応之月円而大也 堯々鈴之声振捨乱霞 偏利生之花鮮也 頼母敷哉礼是拝彼無不催心肝 惣而此福嶋城郭 左青竜 右白虎 前朱雀 後玄武 四神相応之霊地也


十三(とさ)往来(おうらい)

(それ)天竺()王舎城 震旦()長安城 (わが)()平安城 三国相応之都也 (ここ)()親近(まのあたり)奥州津軽十三(とさ)(みなとは) (しんじょうに)新城(おいて)(かたを)(ならぶる)城郭() (ばんどう)坂東(より)不可(あるべ)(からず) (この)城郭()方八十町柵築廻(さくをきずきめぐらし) (うちには)面々構要害(ようがいをかまえること)莫大也 (そとより)外見(みれば)明白也 樊噲(はんかい)養由之成勇(ゆうをなすとも)(たやすく)(ゆみを)(ひき) 打物(とりて)難向(むかいがたし) 其外景物(けいぶつ)多事(おおきこと) (はっけい)八景(にすぎ)可言(じゅっけい)十景(というべし) 東山之野沢(やたく)()為渺々(びょうびょうたる)牧也 数千匹之馬共交麋(びろくを)鹿(まじえ) 成思々之(おもいおもいの)(ゆうをなし) 心々(こころごころに)遊行(あそびゆく)(ふぜい)風情(をみるに) (まことに)希代之景物也 南()湖水濃々(のうのうとして)照月水底之暗(つきみなぞこのくらきをてらす) 青波(せいは)(しずかにして)有漁浦之便(ぎょほのべんあり) (はるかに)(いわき)()(だけを)(みれば) (はなは)(ざんせつに)残雪(まじりて)(とおめを)遠眼(きょうじ) 出谷(たにをいずる)鶯舌(きょうぜつは)依聞(きくによりて)(ちかし) (ふもとに)(たなびき) (いただき)高而(たかくして)(おおぞに)大空(あらわる) (まことに)諍富士山(ふじさんにあらそう)(ほどの)名山也 西(にしは)滄海漫々(として)()(せん)(けい)(せん)群集並艫(してともさきを)(ならべ)調(へさきを)(ととのう) 湊(はいち)(をなす) 亦浜之大明神之奉拝社堂(しゃどうをはいしたまわれば) 並甍(いらかをならぶる)玉之籬立囲(たまがきたちかこみ) 厳神殿之(しんでんの)(ゆか)十四丈(じゅうよじようにおごそかにす) (とおく)遠鳥居(とりいをたて) 其間(そのまに)(きりいしを)切石(たたみて) 不異(るりの)瑠璃(とびらに)(ことならず) (この)(みょうじんの)(ほんちを)明神本地(たずねたまわれば) 東土浄瑠璃世界教主医王(ぜん)(せいの)(あとを)(たれ)給事(たもうこと)(とし)(ひさしく) 十ニ大願(たいがんの)(あみを)(ほっかい)法界(のうみ)(にはり) 為救無縁之群類(むえんのぐんるいすくはんため) 瓦礫塵砂(にみを)(まじえ) 風波(をうみべに)海辺(にない) (あとを)(たれ)給事 (まことに)悲願頼母敷霊社也 北()深山(どうとうを)堂塔(つらね) 僧坊無透(すきまなく) 円宗(いんしゅうの)修学 禅林寺過現未堂三千仏 光明)赫々而(かっかくとして)霊山浄土共(おぼゆらん) 亦竜興寺之為躰(ていたらくを)(みれば) (うしろは)青山峨々(ががとして)峯清嵐(みねのせいらん)(こずえを)(ならし) (まえには)滝水漲落(みなぎりおち) 座禅(のすいみんを)睡眠(おどろかし) 阿吽寺(あうんじ)之鐘之声(しょぎょう)諸行無常告(むじようのこくをなし) 後夜晨朝(しんちょう)勤声(ごんじょうは)穿寂滅為楽之(じゃくめいついらくのくもを)(うがつ) 是又殊勝之景物也 新町並棟(はむねをならべ)(のきを)(ふり) 数千万家造(のいえをつくり) 商人売買(こころを)(まかせ) 民烟(たみのけむりは)(みのる) 相内河水(きよくして) 許由(みみを)(あらへば) (そう)()牽牛帰(うしをひきてかえる) (えい)(せんの)(ながれに)不異(ことならず) (はるかに)王恵()瑠磨(るま)明神奉拝社堂(のしゃどうはいしたてまつれば) 前望(まえはうみべ)海辺(にのぞみ) 岩崛(がんくつ)(みねに)(そばだち) 松風颯々(さつさつとして)調(ことを)(しらべ) (ふもとは)白浪(はなを)(かかること)千片 于茲(ここに)熊野之権現(ごんげんを)(たれたまう)跡事(こと)(とし)(ひさし) (すこしも)不劣(ほんしゃに)本社程(おとらずほどの)名山也 亦舘之内(はぐろ)(のごん)羽黒(げんをあがめし)権現(たてまつり) (よろしく)御神楽無怠轉(たいてんなかるべく) 桝橙(しょうとう)鼓声(つつみのこえは)消五衰(ごすいのくも)(をけし) 感応之月円而(まどかにして)大也 堯々(ぎょうぎょうたる)鈴之声振捨(はらんの)(かすみ)(ふりすて) (ひとえに)利生(りじょう)之花(あざやか)也 頼母敷(かな) 礼是(これをれいし)(かれを)(はいすれば)無不催(しんかんを)心肝(もようさざるはなし) 惣而此福嶋城(かくは) (ひだりは)青竜 (みぎは)白虎 (まえは)朱雀 (うしろは)玄武 四神相応之霊地也


十三往来の各語源の意味へ→