本文へジャンプ









体験学習の森作り実行委員会会則

(名称)
第 1条 この会は、体験学習の森作り実行委員会(以下「実行委員会」という。)と称する。

(目的)
第 2条 実行委員会は、森林整備事業を推進している森林所有者に対して、地元住民の立場で協力し、体験学習の森作りと、都市の子供達と地元の子供達との交流を図ることを目的とする。

(活動内容)
第 3条 実行委員会は、前条の目的を達成するため、実施計画及びその運営を行う。

(組織)
第 4条 実行委員は、別表 1のとおりとする。
  2 実行委員会には、会長、副会長及び監事を置く。

(会長及び監事の職務)
第 5条 会長は、実行委員会を代表し、会務を総括する。
  2 副会長は、会長を補佐し、会長の事故あるときは、その職務を代理する。
  3 監事は、実行委員会の財務を監査する。

(運営)
第 6条 実行委員会は、必要に応じて会長が招集する。

(事務局)
第 7条 事務局は、「クラフト企画ひばの郷」内に置く。
  2 事務局長及び事務局員は、会長が実行委員会の承認を得て指名する。

(事務局員の職務)
第 8条 事務局員は、会長の指示で実行委員会の庶務及び会計事務を処理する。

(経費)
第 9条 実行委員会の経費は、補助金、負担金及びその他の収入をもって充てる。

(予算及び決算)
第10条 収支予算は、実行委員会の議決により定め、収支決算は監事の監査を経て、実行委員会の承認を得なければならない。

(解散)
第11条 実行委員会は、その目的が達成されたときに解散する。

(その他)
第12条 この会則に定めるもののほか、必要な事項は会長が定める。

(附則)
     この会則は、平成17年 5月 2日から施行する。
     この会則は、平成22年 2月 1日から施行する。

別表 1 体験学習の森作り実行委員会委員名簿
                                             平成17年 5月 2日現在
No. 氏   名 団  体  名 地区名
1 桑 野 邦 夫  五所川原社会福祉協議会市浦支所長  脇元 会長
2 湯 浅 信 一  市浦木工センター指導員  十三 副会長
3 工 藤 伍 郎  十三漁業協同組合組合長  十三
4 若 山 恭 次   市浦観光協会会長  十三
5 柏 谷  肇  農業  相内
6 木津谷 清 蔵  脇元地区代表  脇元
7 竹 谷  博  脇元漁業協同組合監事  脇元
8 安 保 静 雄  児童担当民生委員  相内 監事
9 成 田 武 史  商工会青年部  相内
10  橋 信 男 株式会社高橋林業土木会長  十三