本文へジャンプ











Special thanks!!








ごあいさつ

 もや山は、雑誌「山と渓谷」(平成20年 9月号)に全国隠れ名山として紹介された、「十三湊憩いの森」のシンボルマウンテンであります。
 「十三湊」は、往昔「日の本将軍」として活躍した安東一族が築き、その繁栄ぶりを「十三往来」は「夷船京船群集して……湊は市を成す。……新町は軒を並べ……数千万の家を造り、商人は売買心に任せ、民のけむりはみのる。」として伝えている。が、現在の十三地域は閉塞状態にあり、これを打破できないかとの試みから、「十三湊憩いの森」として一般開放し、森林整備や森林セラピーを通じて地域に活力を与えようと、オーナー橋信男が平成16年から取り組みを始めたボランティア事業であります。
 さらに、平成18年には、「もや山」地区を地主である齊藤治子氏の協力により、観光施設として整備し、森林体験と観光を兼ね備えた地区として整備することができました。
「もや山」山頂からの眺望は、まさに天下一の眺望と自慢できるほどの絶景であります。
 ぜひ、市浦観光の中に組み込んでいただければ、思い出に残るワンシーンとなっていただけるものと思っております。
 森林体験につきましては、随時事業計画を掲載しますので、会員としてのご入会や一般参加としても心よりご歓迎申し上げますとともに、独自計画がありましたらどしどしお申し出いただければと思っております。

                  平成22年3月7日
                    十三湊憩いの森理事長 草 g 與 雄
新着情報
2010.4.28
HPを更新しました